軽井沢・信州産のハーブ「薬草花木」を原料に創るスパ&エステ化粧品
 
スパカル 軽井沢・信州産のハーブ「薬草花木」を原料に創るスパ&エステ化粧品 <お問合わせ>TEL : 0267-44-1787
会社概要 
 
スパカル トップページに戻る スパカル 商品リストページへ スパカル 商品のご注文はこちらから スパカル 二十四節気ビューティーブログ スパカル 発毛育毛ヘッドスパ
ハーブファームから スパカル化粧品の有効な使い方 アンチエイジングハーブエステ花香軽井沢 スパカル 美毛リフティングヘッドスパ
SPA軽井沢 軽井沢紹介
スパカルパブリシティ
軽井沢が好き
化粧品用語辞典
タイ奨学会
里親プロジェクト 会報
会社情報
リンク集
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記
学会・研究会
スパカルサロン
ご登録について
リクルート・パート
社員募集
共同研究
(ハーブ,薬草,樹木,鉱物,水 など)
学会・研究会
当社ハーブファームでの研究やSPAKARU化粧品研究などで得た発見成果を、ひろく、各種学会発表などを通じて発信しております。
日本生物環境工学会 平成21年度中部支部記念大会
(支部設立3周年)
平成21年10月31日(土)〜11月1日(日) 於:名古屋女子大学

     Herb
信州産ハーブ(薬草)の特色(ブランドづくり)への取組

ユーストーリー株式会社
松本 正二
1、はじめに

  長野県(信州)は、高原野菜の産地であり、また、フルーツ(りんご、ぶどう、もも、プルーン、あんずなど)の産地としても有名である。信州は平均標高が約700mの高原と2000m、3000m級の山岳地帯からなり、夏場の野菜、フルーツ類の栽培に適した気象条件を有し、都市部への農産物の供給地として発展してきた。
  また、観光地としても年間数千万人もの観光客が訪れる有名な山と里の地域でもある。この観光客が増えると共に、多くなったのが観光施設などである。その中で、バラ園や植物園、薬草園、ハーブガーデン&ハーブグッズショップなど、各市町村に一つ以上の施設ができているほど、信州にはハーブなどを中心とする薬草・アロマ(芳香)・バラなど有用植物を栽培研究や趣味嗜好とする商業施設が増加している。
  この信州の地は、古来より薬草(ハーブ)栽培に適した場所である東信地域では、朝鮮人参の産地であり、上田市には、真田藩の旧薬草園跡地があり、今でも漢方薬草を中心に栽培研究が行われている。現在は、県の指導により遊休地に漢方薬草類を試験栽培中である。
       
信州産ハーブのブランドづくりへの取組
  当社の研究ハーブファームは、信州浅間山南麓(西軽井沢)標高1120m 総面積約5000坪のハーブ畑に、約300種類のハーブを栽培中である。これまでに、苗を植えたり、種をまいた種類は、約500種類以上になる。
冬期は−15℃以下にもなり、また夏期約3週間も降雨が無い時期もある。この過酷な環境条件で、さらに路地栽培で耐えて育つ品種の選抜を行っている。
2、「信州産ハーブ」ブランドづくりへの取組

@ ハーブ栽培と活用の本場・ドイツ各地(スイス)のハーブ栽培地とハーブ園の視察
(2008年7月11日〜21日)
  【ハーブ園】
    ビンゲン、ヴィースバーデン、ヒルザウ、ヴィンデン、ライヒェナウ島シュトラーボの
ハーブ園、シュトレーロウ先生のハーブ研究ガーデン、スイス ザンクトガレン植物園、
ゼーリンゲンシュタットなどのハーブ関連施設見学。
  【修道院のハーブ畑】
    ヒルデガルト修道院、ディジボーデンベルク修道院、マウルブロン修道院(世界遺産)、
アルピルスバッハ修道院、ヘグネ修道院、聖マリア・マルクス元修道院、シュトラーボのハーブ園、ベネディクト修道院などのハーブ関連施設見学。
 
ここで、信州産ハーブとドイツ産ハーブの生育条件やハーブの活用状況の特色を考察し、ブランドづくりの参考とした。
A 信州産ハーブ(当社ハーブファーム栽培ハーブ)を活用した「ヒノキ保持台付ハーブ入り固形石けん」が長野県地域産業活性化基金事業に採択された。
   長野県内にある豊富な地域資源を活用した新事業展開・新商品開発等を推進するとともに、優れた独自技術等を持つ中小企業の自立化を支援し、地域を牽引する中核的企業へと育成することを目的とする事業として採択され、信州産のハーブやヒノキを活用した商品開発を成功させ、信州産ハーブのブランド化に役立てる。
B 軽井沢の地域資源を生かして再活性化を!
   軽井沢商工会議所を中心とするこの取組にも参加。
「軽井沢が好き」のホームページ。FM軽井沢にて9月中週1回の軽井沢でのハーブ栽培と活用方法や当社ハーブファームとエステサロン(フレッシュハーブを使ったサロンとして)の取材放送など、軽井沢での信州産ハーブによるイメージアップを行う。その他、軽井沢の紹介誌やガイドブック5誌に信州産ハーブPR記事を掲載中。
C この信州産ハーブは、当社化粧品13アイテムにも配合し、月間約7000本を出荷している。
   軽井沢産ハーブを配合というイメージがブランド力を強化している。現在、ニューヨーク、上海、ソウル、香港、台北、バンコクなどへも輸出し、さらに拡大してきている。
3、おわりに

  4年前に5000坪の畑地を購入し、整地をしてハーブたちを栽培してきた。この取組の過程で、信州産のハーブの素晴らしさと可能性が、生育環境やハーブの有用性にあることを発見、このハーブたちを世に出して活躍させたい。世の多くのみなさまのお役に立つようにしなければと考え続けてきた。ブランド化など一朝一夕に築くことなど不可能である。しかし、ハーブたちの香り、癒し効果、イメージ力などなど知れば知るほど人類の貴重な宝である。この課題に一生涯をかけ取組む所存です。みなさまのよきご助言を切にお願い申しあげます。

以上
日本生物環境工学会 平成21年度中部支部記念大会 梗概集PDF


<お問い合わせ>
ユーストーリー株式会社 〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分355-14
<TEL>0267-44-1787 <FAX>0267-44-1797 
Copyright(C)2007 U.STORY CO.LTD All Rights Reserved.